超高圧抽出プラセンタ

2014年11月 3日 (月)

超高圧抽出プラセンタ☆リニューアルします!

何だかお久しぶりのような…(汗)ブログいつも楽しみにしてます。と言って下さる方、
すみません。

今日はアンフィニで作っている超高圧抽出プラセンタのリニューアルについて書きます。

やっと試作品が出来ました!はい、新しくレスベラトロールを入れます!

20141013_214556
鮮やかな紫になります。これはブドウの皮から抽出されたレスベラトロールの色です。

20141013_215124

老化を遅らせ、寿命を延ばす「サーチュイン遺伝子」のスイッチをオンする一つが
レスベラトロールです。

その遺伝子は、特別な人でなくても、誰もが持っており、うまく働かすことができれば、
平均寿命は100歳を超えるといわれています。

「ミトコンドリアが出す活性酸素」「免疫細胞の暴走」など、老化をもたらす具体的な要

因が 最新の研究で分かり、サーチュイン遺伝子のスイッチがオンになると、体の中で指

揮者の ように働いて、100近くの老化要因を抑える結果、肌・血管・筋肉・骨・脳な

ど様々な器官が 若く保たれ、寿命が延びると考えられています。

レスベラトロールを加えた事で有効成分は

プラセンタ:7000mg
クラスタ−CoQ10:60mg
燕の巣:20mg
レスベラトロール:5mg

私は1年前から今回入れるレスベラトロールが配合されたドリンクをプラモードS(プラセンタ)と併用していますが、子供の頃からあった慢性のアレルギー疾患が驚くほど軽くなっています。

そしてファンデーションも全く付けなくても良い位、お肌がくすみません!


私はこの超高圧抽出プラセンタとレスベラトロールを合わせる事で無限の可能性を
感じています。

プラモードS もやっとホームページを作った位でまだ全く宣伝をしていないにも関わらず、多くの方に食べて頂いている事に感謝せずにはいられません。

私はここで更に誓います。最高の商品を作る事を。

そして多くの方のお役に立てるよう祈らずにはいられません! 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 6日 (木)

超高圧抽出プラセンタ〜3

超高圧抽出プラセンタ「プラモードS」を飲み始めて5年位消えなかった靴ズレの痕が
少しずつ消えて来た。

しかもここ6ヶ月位でです。ちょっとお見苦しいですが…

20130726_150912

20131231_130700
そして顔もファンデーションがいらなくなりました。

ほとんど顔がくすまないのです!凄いぞ超高圧抽出プラセンタ。

実は「プラモードS」は昨年の6月くらいに更にプラセンタの含有量を増量して作り直しました。しかも超高圧抽出プラセンタで、ここまで濃度が高い商品はまずないと思われます。

自分で言うのもなんですが、このプラセンタはかなりこだわっています。

(1)超高圧抽出プラセンタを使っている事。

(2)日本で一番と言われる岐阜県の国内ISO9000取得認定工場で作られている事。

(3)原料の胎盤は一部上場企業が契約している九州の畜産農家から仕入れています。
   ここは徹底した衛生管理がなされており、簡単には人も入れません。

(4)岡山理科大の濱田博喜教授が代表を務められる大学のベンチャー企業に全体の
  設計をして頂いています。(濱田教授は世界で初めて副作用のない抗がん剤の研究、  開発に成功された方です。)

(5)クラスタ−CoQ10、超高圧抽出の燕の巣を配合。

(6)プラモードSのモデルになったプラセンタ「プララQ」は2012年モンドセション   金賞を受賞してます。当社の「プラモードS」はこの「プララQ」よりもう少しプ   ラセンタを増量して、さらにシンプルにしました。

エンビロンと同様、私はこの商品に出会えた方は幸せだと思っています。

そして更に更に「プラモードS 」を進化させようと計画中です。

エンビロンもプラセンタもやるなら作るなら一流の物を…それが私のこだわりです。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 3日 (月)

超高圧抽出プラセンタ〜2

最近、何気に書いているブログが思いのほか多くの方に読んで頂いていて、「ブログ楽しみにしてます♪」とかメールを頂く事が多くなりました。単純な私はもっとマメにならねば〜
と決意を新たにしているのでした(笑)


今日は超高圧抽出プラセンタの続きです。プラセンタってどの商品も良い事しか書いていないので消費者の方は色んな情報を加味して選んでいらっしゃるのだと思います。


プラセンタはほとんど酵素分解法と言う酵素液を添加して有効成分を抽出するという製法が主流です。

この酵素分解法の酵素反応が最大促進される40〜50℃の温度帯では有害微生物の活動(腐敗を促進する)も促進される為、腐敗を防止するため大量の食塩や、腐敗防止剤などの添加物を入れる必要があります。

その為、実は腐りながら加工されているのです。だからプラセンタは臭いの関係でほとんどの商品はカプセルに入っています。飲む時は大丈夫でも体に入って臭いは毛穴から出て行くと言われています。

通常のプラセンタを飲んでいる人はよく自分が醤油臭いと感じているとか(笑)

超高圧抽出法は酵素分解法の一歩先を行った分解法です。

深海10,000メートルと同じ圧力1000気圧の圧力を加える事により、細菌の働きを抑制しながら酵素反応を最大限に促進し、素材の質を損なう事なくプラセンタをまるごと液化する事に成功しました!

ま〜深海10000メートルの環境下ではほとんどの生物は棲息出来ないそうです。
ですので、腐敗臭がしません。

しかも〜食塩も腐敗防止剤も保存料も添加する必要がありません!

私がもっともこだわったのが出来るだけ添加物を入れない事です。だって自分が食べる商品ですからね☆

もっと詳しく知りたいかたはDVDをご覧下さい。ちょっと長いですけど〜。見る価値ありです☆

次はプラセンタの含有量の秘密です。つづく…








| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月27日 (月)

超高圧抽出プラセンタ〜1

今までエンビロンを使ってきてそれだけでも本当に満足でした。

でもこの超高圧抽出プラセンタに出会って「エンビロン以来の衝撃」を受けました。

体の内側から若返る感じ、体が逆行するこの感じは恐らく自分にしか分からない感覚かもしれません。

そしてこのプラセンタをアンフィニで作る事になったのですが、その時に感じた事をここでご紹介させて頂きたいと思います。

まずは超高圧抽出プラセンタ「PLA-MODE.S」プラモードSのホームページがやっと完成しましたので、宜しければご覧になって下さい☆

私は「売れる商品より本当に質の良い商品を作りたい」「自分が飲み続けたい商品をつくりたい」全てはそこから始まりました。

プラセンタを自社で作るに当たってサプリメントの事、成分の事、プラセンタの含有量の
表示の事等、様々な事が分かりました。

そして私が感じた事をこれから少しずつ紹介していきたいと思います。

次回はプラセンタの抽出法の違いについて書いていきます!つづく…

| | コメント (0) | トラックバック (0)