« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月27日 (日)

当たり前の事。

私たちセラピストにとって施術は毎日の日課のような事。

エンビロンの施術は一にも二にも三四がなくて(も〜いいつうの)当たり前の事を丁寧にする事。実はこの当たり前の事を何年もしていると特別になる。(これは何処かの歯科医の先生もおっしゃっていました。)

私も少ないけど何人かのセラピストにエンビロンの施術を受けて来ました。

大体いつも同じレベルで丁寧な施術をする人、いい時と今一の時とムラが有る人等様々ですが、実は数回良い施術をする事は簡単なんです。

でも毎回同じレベルの施術をするのは以外と難しい。それはレベルの高い施術をすればする程ハードルは高くなる。

私もお客様の立場で施術を体験すると目を閉じているとセラピストの動向が手に取るように分かる。今日は雑だな〜今日は丁寧にしてくれているな〜とそしてムラのあるセラピストに当たると「今日は丁寧にしてくれるかな?」と思う。その思いがストレスになる。

私たちセラピストが気をつけなければいけない事は多々あるけれど、一番は同じレベルの技術を毎回提供する事ではないかと思う。

エンビロンで技術の差が一番出るのが超音波(ソノフォレーシス)だと思います。

これは単調な作業故にセラピストの性格がでる。そしてここで効果の差が出ると言っても過言ではないです。私はかれこれ超音波を12年位かけていますが最初とはかけ方が全然違うし、今のトリートメントの流れを作るのにもかなり年月がかかりました。

どうしたらもっと効果の高い施術ができるか、流れはどうか、試行錯誤して辿り着いたのが今の形態です。

日本では恐らくアンフィニしかしていない施術方法も最近は開発しました(笑)南アフリカではしているらしいのですが…もちろん日本のエンビロンにはOKをもらっている施術方法です。これはアンフィニへ来られた方のみお知らせしますね〜。

「当たり前の事を続けていると特別になる。」最近のお気に入りの言葉です☆


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 9日 (水)

ビタミン補給〜その2〜

ここ最近、色々イベントがありサロントリートメントのビタミンAのレベルを下げてお手入れしていたところ、(高濃度ビタミントリートメントをすると私は皮がむけるので)最初は濃度を上げなくてもキレイになるじゃん。と思っていたのですが。。。

「何か〜ちょっと肌のハリが〜〜〜。。。毛穴が〜肌理が〜〜あれれ。。。」

そうなんです、いつもの高濃度ビタミンAでトリートメントしていた時とは明らかに
肌のレベルが落ちているのです。。。

「やはり今更ながら出来るだけ高濃度のビタミンAを補給する事が大切!!!」

と思ったのです。

ホームケアでは有効成分の数パーセントしか入りません。トリートメントは単純塗布の40倍以上のビタミンを浸透させる事が出来ます。

長くエンビロンをしているとサロントリートメントで効果が出ている方はホームケアでしっかりビタミンを補給している方が多いです。

使用量が少なかったり、ただ付けているだけではいくらエンビロンを使っていても効果が出にくいです。

またエンビロンのビタミン補給のラインは開封したら2〜3ヶ月位しか使用期限がありません。それは防腐剤や保存料はほとんどの商品で使用していないのと、開封した時からビタミンの劣化が始まるからです。

エンビロンは適量を期限内に早めに使い切る事でより高い効果が期待出来ます。

効果が実感出来ない方、使用量が少なくないですか?適当に付けていませんか?

開封してから期間が経っていませんか?




| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »